ステアリング交換

ステアリング

Nardiのクラッシックを取り付けてみました。
内装はどんどん木製化が進んでいます(^^)。

手順は、
   ホーン・ハザード用のヒューズを外す。
   ホーンボタンを取り外す。
   六角レンチで純正ステアリングを取り外す。
   新しいステアリングを取り付ける。

今回はノーマルのボスにそのまま装着したので、
えらく作業自体簡単で、20分位の作業時間で済みました。

ホーンボタンはただはめ込んであるだけなので、そのままえいっと 取り外します。でも結構取りづらかったです。プラスチック製なので、 あまりドライバーなどでこじると割っちゃいそうで恐い。
ボスがノーマルだとナルディ・クラッシックの場合、ほんのちょっと ステアリングからボスがはみ出しますが、ほとんど気にならないレベルです。
取り付けた感想は、「やっぱ細身はエエなあ」。実はステアリングの握りが細いが 好みなのです。昔乗ってたスバルR2も細かったし。さすがクラッシックと言うだけ あります。